HOME >  まつ毛エクステンション豆知識 >  まつエクの付け心地を種類別に比較

まつエクの付け心地を種類別に比較

まつエクには、3種類の素材があります。

  • シルク
  • ミンク
  • セーブル

それぞれ、質感や付け心地、装着後の仕上がりに違いがあり、人によっては好みが分かれるところでもあります。

種類別に、質感・仕上がり・値段の面で比較してみました。

3種類のまつエクを質感で比較

<シルク>
3種類の中でもっとも固めの質感。ハリや弾力がある素材です。1番ポピュラーなタイプでもあります。

<ミンク>
シルクよりも柔らかな質感で、自まつげへの密着度の良さが特徴。シルクと並んで主流になっているタイプです。

<セーブル>
ミンクよりも、さらにしなやかな質感で、もっとも理想的なエクステと言われています。3種類の中でも最高級で、付け心地も自然です。

<まとめ>
3種類のまつエクの質感は、

  1. セーブル
  2. ミンク
  3. シルク

の順に柔らかくて良質だそうです。

3種類のまつエクを仕上がりで比較

<シルク>
固い質感なので、装着後もカールが取れにくいというメリットがあります。仕上がりは、まとまった感じになるので、ナチュラルだと思います。光沢がある素材でもあるので、ツヤを楽しみたい方にもおすすめ。
しかし、固さがあるタイプなので、自まつげにはやや馴染みにくく、3種類の中ではもちが若干短めでもあります。

<ミンク>
シルクよりもしなやかなので、軽めの付け心地を楽しめます。自まつげにも馴染みやすいので、比較的もちが良いそうです。マットな光沢がある素材なので、自然なツヤがあります。また、フサフサとしたボリューム感もほど良いので、ゴージャスな雰囲気の目元にしたいときにも使われます。

<セーブル>
3種類の中ではもっとも高品質のまつエクと言われるだけあり、自まつげに1番近いナチュラルな仕上がりです。そのため、人工毛にありがちなゴワゴワ感も少なく、もちの良さも最高。装着時に与える、自まつげへのダメージが少ない点も魅力的ですね。肌が弱い方は、セーブルを装着してみると良いもしれません。

<まとめ>
まつエクの仕上がりには好みがあるため、順番を付けるのは難しいもの。
そこで、自まつげへのダメージや馴染み具合で比べてみます。

  1. セーブル
  2. ミンク
  3. シルク

シルクは、少々固めな素材のため、敏感肌の方や違和感を感じやすい人は、注意がして使いましょう。

3種類のまつエクを値段で比較

<シルク>
3種類の中では、1番リーズナブルな価格です。控えめなコストでたくさん付けたい場合や、試しにまつエクに挑戦したいときにおすすめです。また、付け足しやリペアを手軽におこないやすいと思います。

<ミンク>
シルクよりは高めのコストですが、質感や仕上がりを総合的に考えると、もっともバランスが取れていると思います。コストを抑えたい場合は、ミンクとシルクを組み合わせて装着するのも1つの方法です。

<セーブル>
最高級ということもあり、3種類の中では、もっとも高価なまつエクです。そのため、多めの本数を付けたい場合には、費用がかさんでしまうかもしれません。

<まとめ>
コストで考えれば、

  1. シルク
  2. ミンク
  3. セーブル

の順番にリーズナブルです。シルクは手軽に楽しめるので、自分でまつエクを付ける際の練習用として持っておくのも、良さそうですね。