HOME >  知っておきたいまつげの基礎知識 >  まつげの基本をおさらい

まつげの基本をおさらい

ここでは、まつげの必要性や役割について紹介しています。

まつげの役割って?

普段アイメイクをする時や、まつエクをする時に大活躍のまつげ。
こんなにお世話になっているまつげは、実は胎児の7週目から8週目といった早い時期に生え始めるほど、私たちに無くてはならない体毛なのです。

ホコリやウイルスといった異物が入らないようにしたり、眼球にキズがつかないようにしたり、外敵から目を保護してくれています。
それだけじゃなくて、敏感に接触を感知して、反射的にまぶたを閉じさせ、目を守ってくれるという機能も備わっているんです!虫が飛んできたり、間違って自分の指が目の中に入ってしまいそうだった時、とっさに目を閉じたという経験はありませんか?
これは、まつげの毛根周辺に知覚神経が集まっているからと言われています。

まつげってかなり敏感らしくて、まつげを切って風の強い日に外を歩こうとしても、目が開けられないほど大変なことになるそうですよ!

まつげにもある毛周期って?

“毛周期” という言葉を聞いたことがある人もいると思います。その名の通り、毛の周期、つまり毛の成長サイクルのことです。その部位によって周期のスピードや、生え変わる時期などが異なります。

毛周期は大きく4つの周期に分けられます。

まぶたの中で、まつげの成長が始まる「成長初期」。この時はまだ毛が細くて弱く、コシもない状態ですが、少しずつ皮膚表面に出ていきます。
次に訪れる「成長期」は、皮膚表面へ出たあと、更に太く伸びて行く時期です。この頃からコシが出できますが、まだまつげが短い状態。
そして、まつげの成長が止まる「退行期」に入ると、まつげが安定します。そのためエクステを装着するのに最適な時期だと言われています。
最後に訪れる「休止期」は、毛が抜け落ちて、次の毛が生えるまでの準備をする時期です。

特にまつげの毛周期は、早い人で約30日、遅い人で約90日で、他の体毛と比べてその再生サイクルは早いということがわかっています。自分の毛周期を把握しておくと、まつエクが長持ちしやすくなりますよ!

また、まつげの毛周期に合わせてまつげ美容液を使用すると、効果を実感しやすくなるのでぜひ試してみてください☆

ちなみに、まつげの寿命は生え初めから、約3ヶ月~5ヶ月と言われています。