HOME >  知っておきたいまつげの基礎知識 >  食べ物でまつげをケア

食べ物でまつげをケア

自まつげを伸ばす方法と言えば、どんな手段があるでしょうか?

高価な美容液を使用したり、まつエクやパーマをお休みするのも、まつげの健康を守る手段の1つですが、もっと手軽にできるケアがあります。

それは、まつげに良い食事をすること。

「髪を伸ばすには、海藻類を食べると良い」という話がありますが、まつげを元気にするのに有効な食べ物もたくさんあります。

食事に取り入れるだけでまつげのケア効果が期待できる食べ物について解説していくので、参考にしてみてくださいね。

まつげのもとになる食べ物

髪の毛やまつげには、「もとになる成分」が存在します。

髪とまつげは太さや長さ、性質などは異なりますが、どちらも「ケラチン」という基本成分がもとになっています。

ケラチンは、18種類のアミノ酸が結合することで構成されているタンパク質の総称。つまり、アミノ酸やタンパク質を含む食べ物こそが、まつげのもとでもあるのです。

おもに肉類や大豆類がそれに該当します。また、魚類や乳製品などにも、豊富なタンパク質が含まれています。

まつげが抜けやすいときに良い食べ物

まつげが抜ける原因はさまざまです。

その中で、成長期を終えたまつげが生え変わるために抜け落ちることは、自然現象なので特に気にする必要はありません。

しかし、アイメイクやクレンジングによるダメージやストレスで抜けることも多く、体の代謝が落ちているために抜けやすくなることもあるようです。

もし、代謝が原因でまつげが抜ける場合は、甲状腺ホルモンが低下している可能性も考えられます。

その場合は、海苔やひじき、牡蠣などを食べると良いそうです。これらの食べ物には、ヨウ素が多く含まれているほか、甲状腺ホルモンの分泌をととのえる亜鉛が豊富です。

これらの食品は、単品で食べるより肉や魚と一緒に摂取すると効果がアップするとのこと。

ただし、食べすぎないように注意する必要があります。

特に、甲状腺機能低下症の疑いがある場合は、ヨウ素の摂取は控えなければいけません。該当する症状がある方は、医師に相談した上で実行するようにしましょう。

そのほかにも、血行を良くすることで、まつげを抜けにくくしてくれる食べ物も多数あります。

ビタミンAやEを豊富に含んでいる野菜やナッツ類です。

ビタミンAは、人参やほうれん草、小松菜などの緑黄色野菜に含まれていることが多いようです。

ビタミンEをたくさん含んでいるのは、ナッツ類や玄米、胚芽米など。

また、美肌に良いフルーツとして有名なレモンやオレンジなどの柑橘類は、ビタミンP(ヘスペリジン)を多く含んでいるため、まつげにも有効です。

大切なのは、これらの食品をバランス良く取ることです。「最近、まつげに元気がないかも?」と感じたら、料理の上に海苔をかけるなどするだけでも充分なのです。過剰に摂取することがないように、気軽なケアとして実践してみてくださいね。