HOME >  まつげを伸ばす方法 >  まつげを伸ばす方法を比較

まつげを伸ばす方法を比較

マスカラ&ビューラーによるアイメイクや、つけまつげ、まつエクやまつげ美容液…まつげを伸ばす方法は、たくさん存在します。

それぞれの方法には、メリット・デメリットがあり、人によって、おすすめの方法も異なるので、「まつげを伸ばす方法で、一番良いのはどれ?」と迷っている方もいることでしょう。

各方法の特徴を比較したので、参考にどうぞ。

比べてみよう!まつげを伸ばすのにベストな方法

まつげを伸ばす際に、特に気になるのは、効果や安全性、コストや仕上がりだと思います。

どんなに美しく仕上がっても、費用がかかったり、持続性が短い場合は、継続できません。でも、仕上がりが不自然だったり、まつげにダメージを与えるのは嫌だし…。

そこで、各方法のメリットやデメリットを比較してみました。

 

まつエク

(セルフ)

まつエク

(サロン)

マスカラ・

ビューラー

まつげ

パーマ

つけまつげ
仕上がり
費用
安全性
持続性
便利さ

それぞれのメリット・デメリット

まつげを伸ばす方法のメリットやデメリットを比較していきます。

  • まつげエクステ(セルフ)

専用のキットなどを購入して、自分でまつげエクステを装着する方法です。

購入するキットの内容や値段にもよりますが、きちんと調べればお得なまつエクキットも存在しています。(こちらのランキングも参考にしてみてくださいね!)

内容と費用が見合ったものを選べば、とっても経済的ですよ。

気になる仕上がりや持続性についても、文句なしです。多少の練習は必要ですが、慣れれば、自分の思うままに付けていくことも可能

装着していて、「何か違うな~」と思ったら、やり直せば良いので、理想の目元を作りやすいと思います。

持続性に関しても、クレンジングで強くこすったりしなければ、なかなか取れません。

それに、セルフの場合は、抜けたり取れたりした分だけ、好きな時に付け足せば良いので、とっても便利です。

  • まつげエクステ(サロン)

上記と同じまつげエクステですが、こちらはサロンでエステティシャンや美容師さんにつけてもらう方法。プロなので、仕上がりは期待できると思います。

ただ、まつエクの施術には、資格が必要なわけではないので、慣れていない人による施術だと、「希望していた仕上がりと違う…!」というケースもあるようです。自分の要望をきちんと伝えられるかが、成功のカギを握ります。

費用は、サロンにもよりますが、なかなか高額。また、エクステが取れたら、そのたびにお店へ行ってメンテナンスをしなければいけないのでので、仕事などで忙しい人だと、サロンに通うのが大変という声も。

  • マスカラ・ビューラー

定番の、マスカラとビューラーを使ったアイメイクで、まつげを伸ばす方法。

ブランドや物にもよりますが、コストは安めですです。

仕上がりや効果としては、まつげやまぶたに直接装着する、まつエクやつけまつげには、劣ります。毎回、しっかりメイクをしたり、クレンジングでオフする必要があるので、手間はかかってしまいます。

また、ビューラーによるまつげへのダメージも考えられるので、絶対に安全とは言えません。

  • まつげパーマ

サロンなどで、まつげにパーマをかける方法です。

まつげが伸びるというよりは、くるんとカールするので、可愛らしく大きな目を演出できます。

特殊な薬などを使って施術するので、液が肌やまつげに合わないと、炎症を起こす場合も。安全性に関しては、意見がわかれます。

  • つけまつげ

100円ショップでも販売しているため、とにかく安く、確実にまつげを伸ばしたい時には、ピッタリ。

ただし、いかにも、目元を強調している仕上がりになるため、ナチュラルな雰囲気が好みの場合は、おすすめできません。

また、付けたり外したりをその都度繰り返すので、利便性にはやや欠けます。その際、自まつげまで一緒に抜けてしまうこともあるので、その点にも要注意です。

いろんな方法があるけれど、一緒に使いたいのは、地まつげを元気にしてくれる美容液。抜けてまばらになったり、短くなったりしたまつげにコシ・ハリを与えて、元気にしてくれますよ!

地まつげが元気になる!まつげ美容液ランキング!